浜田 道昭 教授

Prof. Michiaki Hamada

浜田道昭教授は2000年3月に東北大学理学部数学科/2002年3月に東北大学大学院理学研究科数学専攻修士課程を卒業/修了しました.学生時代は関数解析の一分野である作用素論の研究を行っていました.大学院修了後の2002年4月から8年半の間,株式会社富士総合研究所(現在のみずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社)の研究員/コンサルタントとして科学技術関連の受託研究開発に携わっていました.当該会社在籍中にNEDO「機能性RNAプロジェクト」に参画しバイオインフォマティクスと初めて出会い,同プロジェクトにてCentroidFoldなどの数多くのRNA情報解析技術の研究開発を行いました.本プロジェクト中に社会人博士課程に在籍し2009年3月東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻にて博士(理学)を取得しました.その後,2010年10月1日から東京大学大学院 新領域創成科学研究科 情報生命科学専攻 特任准教授を経て,2014年4月1日より早稲田大学 理工学術院 准教授(2018年4月に教授に昇任)としてバイオインフォマティクス研究室を主宰しています.2016年10月1日からは産業技術総合研究所招聘研究員(産総研・早大生体システムビッグデータ解析オープンイノベーションラボラトリ班長)を,2017年4月1日からは日本医科大学大学院医学研究科客員教授を兼任しています.2015年4月1日〜2017年3月および2022年4月から現在の間に日本バイオインフォマティクス学会の理事となっています(2023年4月より副理事長).1998年に川合数学奨励賞, 1999年3月に青葉理学振興会奨励賞,2008年12月にOxford Journals JSBi Prize, 2010年3月に2008-2009 SIGBIO Best Paper Award,2017年に文部科学大臣表彰の若手科学者賞をそれぞれ受賞しています.またこれまでに,科研費若手A (2件),挑戦的萌芽研究,挑戦的研究(萌芽),新学術領域(公募研究),戦略的創造研究推進事業(CREST),基盤研究A(2件)の研究代表者を務めています.現在の専門はバイオインフォマティクス(特に,機能性RNA,エピジェネティクス,リピート要素の生物学的機能,核酸医薬などの次世代創薬)で,今後長く利用されるキラーツールを作り上げ,情報技術の側面から生命科学・医学・薬学分野にブレイクスルーを起こすことを目指しています.

Prof. Hamada received his B.S. in Mathematics from Tohoku University in March 2000 and his M.S. in Mathematics from Tohoku University in March 2002, specializing in operator theory, a branch of functional analysis (advisor: Prof. Takashi Yoshino). Afterwards, he worked as a researcher at Fuji Research Institute, where he participated in the NEDO "Functional RNA Project" and was introduced to bioinformatics. In March 2009, he earned his D. from the Department of Intelligent Systems Science at the Graduate School of Interdisciplinary Graduate School of Science and Engineering at Tokyo Institute of Technology, under the supervision of Professor Sumio Watanabe. Since October 2010, he has been an Associate Professor at the Graduate School of Frontier Sciences at The University of Tokyo, and since April 2014, an Associate Professor at the School of Science and Engineering at Waseda University (becoming a Professor in April 2018). He leads the Bioinformatics Laboratory at Waseda University, and is also the Head of the Open Innovation Laboratory at AIST and Waseda University. Since April 2017, he has been a Visiting Professor at the Graduate School of Medicine at Nippon Medical School. He has served as a board member of the Japanese Society for Bioinformatics from April 2015 to March 2017 and from April 2022 to the present. His current research interests include various areas of bioinformatics, particularly functional RNA, epigenetics, biological functions of repeat elements, and nucleic acid drug development. His goal is to develop long-lasting, effective tools and make significant contributions to biology through software and information technology.

所属 / Affiliation

産総研・早大 生体システムビッグデータ解析オープンイノベーションラボラトリ(CBBD-OIL)/ AIST-Waseda University Computational Bio Big-Data Open Innovation Laboratory (CBBD-OIL)

日本医科大学 / Nippon Medical University

住所 / Address:

早稲田大学 理工学術院 (先進理工学部 電気・情報生命工学科 バイオインフォマティクス研究室)/ Hamada Laboratory (Bioinformatics Laboratory), Department of Electrical Engineering and Bioscience, Faculty of Science and Engineering

〒169-8555 新宿区大久保3-4-1 55号館N棟6階 610B室 [⇒アクセス] / 55N-06-10, 3-4-1, Okubo Shinjuku-ku, Tokyo 169-8555, Japan [>Access]

E-mail: mhamada@waseda.jp   / michiaki.hamada@hamadalab.com  /  michiaki.hamada@gmail.com 

学歴 / Education:

学位 / Degrees:

職歴 / Job experiences:

賞罰 / Awards:

公的研究費:

研究代表者 / PI

分担研究者  / co-PI

連携研究者

研究業績 / Research achievements

こちらをご覧ください / See here

所属学会 / Affiliated societies